出版倫理

COPE フローチャート

COPEフローチャートは、元々ジャーナルの編集者向けに作られたもので、編集者が直面する可能性のある倫理上の問題にはどのようなものがあるか、またそれらに対して、いかに公正かつ適切に対処したらよいかについて助言するものです。

このフローチャートは、著者にとっても、出版に至るプロセスで起こりうる問題を理解する上で役に立つものですので、投稿前に是非参照することをお勧めします。

Committee on Publication Ethics ( COPE ) とは

二重出版の疑いがある場合の対応

剽窃の疑いがある場合の対応

データ捏造の疑いがある場合の対応

著者の変更

ゴーストオーサーシップ、ゲストオーサーシップ
ギフトオーサーシップの疑いがある場合の対応

What to do if you suspect ghost, guest or gift authorship
(see also flowcharts on Changes in authorship, as such requests may indicate the presence of a ghost or gift author)

原文(英語)を見る

著者資格(オーサーシップ)に関する問題の発見方法

How to spot authorship problems

原文(英語)を見る

利益相反(COI)が投稿原稿に明示されていないのではないかと査読者が疑いを抱いた場合の対応

What to do if a reviewer suspects undisclosed conflict of interest (Col) in a submitted manuscript

原文(英語)を見る

利益相反(COI)が投稿論文に明示されていないのではないかと読者が疑いを抱いた場合の対応

What to do if a reader suspects undisclosed conflict of interest (Col) in a published article

原文(英語)を見る

投稿原稿に倫理的問題の疑いがある場合の対応

What to do if you suspect an ethical problem with a submitted manuscript

原文(英語)を見る

査読者が著者のアイデアやデータを剽窃した疑いがある場合の対応

What to do if you suspect a reviewer has appropriated an author's ideas or data

原文(英語)を見る

懸念が直接提起された場合の告発者(内部告発者も含む)への対応

How to respond to whistle blowers when concerns are raised directly

原文(英語)を見る

懸念がソーシャルメディアを通じて提起された場合の告発者(内部告発者も含む)への対応

How to respond to whistle blowers when concerns are raised via social media

原文(英語)を見る